calendar

11月
3
アースキャンプ in 宮城
11月 3 – 11月 4 全日

自然とつながり、自然を愉しむ。
蔵王連峰の北の麓の澄んだ空気、森の木々に囲まれ、すぐそばに渓流があるという最高のロケーションの中で、自然を感じながらリラックスした時間を共に過ごししましょう

天体キャンパーに人気の澄んだ夜空の星は格別です。満天の星空キャンプを体験しに来てくださいね。もちろん日帰りもオッケーです!

Liveやオーガニックマーケット、ヴィーガンスイーツやワークショップ(ヨガ、ハンゴウ&羽釜炊きご飯、瓢箪でものつくり、ロケットストーブつくり etc…)と盛りだくさんの内容です♪

「会場みんなdeいただきます!」は、希望者を募り、みんなで一緒にご飯を作ります。オーガニック野菜や手作り地場産味噌を使って、火起こしもみんなで協力しながら作りましょう!

宿泊は施設内でもキャンプエリアでも可能です。館内は暖房設備があり、お風呂も利用できますので安心してご利用くださいね。夜も満点の星空の下で楽しく交流会をしましょうね♪

※川崎町の11月の平均気温は7度、朝には0度近くまで下がることもあります。防寒対策はくれぐれもしっかりとして楽しみ尽くしましょう♫
館内には暖房システム、お風呂もありますので身体が冷えた場合には活用してくださいね。また、焚き火スポットも作る予定です。

——————–

オーガニック・ウィーク仙台2017のトップバッターは、11月3日(祝)に川崎町るぽぽの森にて開催されるアース・キャンプ宮城です。有機栽培された野菜を購入したり、ライブやヨガを楽しんだり、映画を観たりと、オーガニックな企画が盛りだくさん。緑豊かな会場で気持ちのいい一日が過ごせること間違いなしです。主催はアースデイ東北さん。

——————–

〇日時:11/3(金)10:00~11/4(土)10:00
※3日のナイトイベントは22:00で終了

〇場所:るぽぽの森(宿泊施設付きオートキャンプ場)
〒989-1502 宮城県柴田郡川崎町今宿字小屋沢山39
https://www.facebook.com/rupoponomori/
川崎町「るぽぽの森」施設内外、及びAサイト

〇入場料:風呂&映画観覧&会場みんなdeいただきます!付き
・入場料:¥1,000 (小学生以下¥500、未就学児無料)

○宿泊料(入場料とは別):朝飯付き。
https://www.facebook.com/events/1901157416577554/permalink/1929560250403937/
<キャンプサイト利用者(Bサイト)>
¥1,000(小学生以下無料)
<施設利用:枕・布団付き>
¥3,500(添い寝の場合には一人無料):
※ご宿泊のお申し込みは、直接「るぽぽの森」への連絡となります。
「るぽぽの森」
TEL:0224-84-6611
FAX:0224-84-6622

〇ワークショップなど
・ドキュメンタリー映画「コスタリカの奇跡」3回上映予定
・会場みんな de「いただきます!」
3日夕食と4日朝飯
・(トークセッション)現在の農薬とりんごの間違った常識(みかみファーム)
・(トークセッション)現在の発酵と添加物の間違った常識(慢瑤茶)
・はんごう炊き&羽釜炊きWS
・ロケットストーブつくり(川崎町/びいなすふぁあむ)
・瓢箪でものつくり
・工藤葉子(仙台/YOGA)
・手長猿倶楽部(岩手/スラックライン)
・つっちー先生とお絵描き
・竹法螺貝つくり(七ヶ宿町/すみやのくらし)
etc

〇出展者
・ship street cafe(仙台市/vegan & Raw food)
・大空(SORA)cafe(蔵王町/地産地消food&drink)
・たけし豚(川崎町/ソーセージ、ホットドッグ)
・すみやのくらし(七ヶ宿町/炭food)
・imacoco Citta(川崎町/オーガニック農家)
・knipp organic farm(名取市/オーガニック農家)
・Luxfull Camp(仙台市/オーガニックスープ)
・和がき(牡蠣・ホタテ)
・Fattoria kawasaki(川崎町/wine)
・イシノマキファーム(石巻市/クラフトビール)
・アイタルファミリー
・みかみファーム
・魔法の手創り糸 富毛糸(とけし)(川崎町/毛糸)
・森のはちみつ(秋保/蜂蜜)
・(有)ひょうたん(川崎町/豆腐)
・seifu calin(仙台市/整膚)
・Lamp of Hope(仙台市/キャンドル)
・LO蓮(仙台市/薬膳茶)
・津田屋(蔵王町宮/セレクト食品)

※現在調整中の出展者情報やワークショップ情報は順次追加予定です。

主催:アースキャンプin宮城 実行委員会
共催:アースデイ東北、オーガニックマーケット宮城、るぽぽの森
協力:「映画から明日を考える」みやぎ市民の会、オーガニック・ウィーク仙台実行委員会、tachikogiya

子供も参加可能

オーガニック野菜消費宣伝会
11月 3 @ 10:30 AM – 4:00 PM
オーガニック野菜消費宣伝会 @ イオン仙台店クリスロード催事場 | 仙台市 | 宮城県 | 日本

福島県の会津オーガニック匠の会の生産者様によるオーガニック野菜の直売を開催致します。当日は長ネギや大根・里芋等の鍋物野菜を中心にJAS有機の認証を受けた新鮮な野菜を御買得価格で販売し、オーガニック野菜のおいしさや栽培のこだわり等のお客様の知りたい情報に生産者がお答えします。

11月
4
オーガニック野菜消費宣伝会
11月 4 @ 10:30 AM – 4:00 PM

 

 

 

 

 

福島県の会津オーガニック匠の会の生産者様によるオーガニック野菜の直売を開催致します。当日は長ネギや大根・里芋等の鍋物野菜を中心にJAS有機の認証を受けた新鮮な野菜を御買得価格で販売し、オーガニック野菜のおいしさや栽培のこだわり等のお客様の知りたい情報に生産者がお答えします。

11月
8
イオンリテール8店舗でオーガニック野菜を販売!
11月 8 – 11月 12 全日
イオンリテール8店舗でオーガニック野菜を販売! @ 仙台市 | 宮城県 | 日本

下記実施店舗において、農産売場オーガニックコーナーを設け、オーガニック野菜の販売を行ないます。
<実施店舗>イオン仙台店、イオン多賀城店、イオン名取店、イオン仙台幸町店、イオン富谷店、イオン仙台中山店、イオン利府店、イオン石巻店、以上合計8店舗
※福島県産の赤カブや長ネギをはじめとして10品目以上を品揃えしています

仙臺農塾 vol.6 第2回「自然に寄り添うお米作り ~土と植物と、あとは人の手間だけ~」
11月 8 @ 7:00 PM – 9:00 PM

肥料や農薬を使わない生命力あふれる自然栽培米を、消費者へ届けるためにどんなこだわりを持って作り続けているのか。この秋に収穫したばかりの新米を味わいながら、ツヤのあるしっかりした美味しいお米の秘訣を伺います。

<開催概要>
仙臺農塾Vol.6 第2回
「自然に寄り添うお米作り~土と植物と、あとは人の手間だけ~」

■日時:2017年11月8日(水)19:00~21:00

■ゲスト:太田 俊治さん(無肥料・自然栽培実践農家 米の太田屋代表)

■会場:地酒地料理 太左エ門(青葉区国分町2丁目15-2 グランパレビル1階)

■定員:20名
※農塾参加初めての方枠を設けております。初めての方もお一人様も大歓迎です!!
※リピーターの方は、食の関心を広げるため、ぜひお友達などお誘い合わせいただければありがたいです♪

■参加費:4,500円(料理代+飲み物1杯含む)※調整中です!
※前日正午以降のキャンセルの場合、キャンセル料をご負担いただきます。

■内容:美味しいご飯をいただきながら、ゲストからの話し、ゲストや参加者とのコミュニケーションを楽しむ場とします。

■参加申し込み:Facebookのメッセージか、MELON事務局の連絡先へお問い合わせください。
※メールの際は、【件名】に「仙臺農塾」と入れていただけると助かります。
①氏名 ②連絡先(電話番号※携帯電話推奨) ③メールアドレス ④何回目の参加か(だいたいでいいです)
をご連絡ください。

●TEL:022-276ー5118
●FAX:022-219-5713
●Mail:melon(アット)miyagi.jpn.org
※ご連絡いただいた後、受付完了のご連絡を致します。
3日経過しても連絡がない場合は、お手数ですが再度お問い合わせください。

11月
9
~キーワードは事前キャンプとホストタウン~「東北だからこそできる、オーガニック・エコの未来を考える」
11月 9 全日
~キーワードは事前キャンプとホストタウン~「東北だからこそできる、オーガニック・エコの未来を考える」 @ 仙台市市民活動サポートセンター | 仙台市 | 宮城県 | 日本

東北に特化した形での、「事前キャンプ」「ホストタウン」をキーワードにした、
2020年に向けてオーガニック・エコ実需者ができることを考えます。
また、マッチングサイト「farmO」の進捗と、東北での活用方法について提案します。
その後はトークセッションも予定。東北地域の実需者の方は、ぜひ足をお運びください。

【内容/スケジュール】
(1)実需者講習 その1(40分+質疑10分)
オーガニック・エコ農産物マッチングサイト「farmO(https://www.farm-o.net)」現在の展開と今後の展望、そして東北エリアにおける活用方法
(株式会社坂ノ途中 小野邦彦)

(2)実需者講習 その2(40分+質疑10分)
2020年東京オリパラ事前キャンプ、ホストタウンを取材して見えてきた、オーガニック・エコ食材の真の可能性
(一般社団法人OVJ 種藤 潤)

(3)実需者トークセッション(50分)
宮城、東北だからこそできる、2020年に向けたオーガニック・エコ食材の価値創造を考える
(環境保全米ネットワーク高橋芳道/小野/種藤 ほか)

【入場料】
無料(資料として事前キャンプ地マニュアル、ホストタウンに関する取材記事(※)
を進呈)(※)OVJ発刊「ORGANIC VISION」第6号
【定員】
90名(先着順)

【問い合わせ先】
一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)
TEL03-6225-0613 seminar@ovj.jp url http://ovj.jp

【主催】
次代の農と食をつくる会
株式会社JTBコーポレートセールス
一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)
【協力】
オーガニックウィーク仙台2017
NPO法人環境保全米ネットワーク

11月
10
朝市夕市ネットワーク オーガニックウィーク スペシャル定期市
11月 10 @ 10:00 AM – 2:00 PM

月に1度、宮城県や近隣県の生産者さんによる直接販売が行われる、朝市夕市ネットワークの合同定期市。11月はオーガニック・ウィーク仙台の一環として、オーガニックブースを増設して実施しています。アクセスしやすい勾当台公園市民広場にて開催。ぜひご来場ください!

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、テキスト

有機農家Jamie Kitzrow氏 来日講演会
11月 10 @ 6:30 PM – 8:30 PM

11月10日(金)にオレゴン州アルバニー市で有機農業をされているKitzrow氏が来日するついでに、講演をしてくれることになりました。
講演の内容については、Kitzrow氏の自身の農業やポートランドでのファーマーズマーケット(なぜポートランドのファーマーズマーケットに1万人規模で人が集まるのか、歴史的背景)
などについて話してもらう予定です。

 

 

日時:11月10日(金)18:30-20:30
場所:宮城大学サテライトキャンパス 宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1 住友生命仙台中央ビル 2階
定員:30名
参加費:無料
申し込み方法:このイベントページにて参加ボタンを押してください!
(通訳あります。)

[簡単にKitzrow氏の紹介]
Kitzrow氏は、非農家で有機農業を30年近くされている方。
農場の面積は約20ha。
主に野菜を育て、ファーマーズマーケットや、青果卸に販売を行われています。

農場Facebookページ
https://www.facebook.com/Spring-Hill-Organic-Farm-388297459536/

Kitzrow氏が参加しているファーマーズマーケットは、週に4回、4ヶ所で行われており、特にその1ヶ所、毎週土曜に開催されるポートランド・ステート大学で行われるファーマーズマーケットは、1万人規模で市民、人々で賑わうマーケットです。

私も、そのファーマーズマーケットで手伝いをしていましたが、売り上げる野菜の量は半端ないです!!

講演後は、Kitzrow氏夫妻との食事も予定しています。
(場所がはスターガーデン。会費は割り勘となります。参加ご希望の方は、投稿にてご連絡ください。)

11月
11
オーガニックを仙台で楽しもう ~オーガニックを味わい・感じ・未来を変えよう~
11月 11 @ 10:30 AM – 4:00 PM

映画やトーク、限定ランチを楽しみながら、オーガニックを味わい&感じる一日を過ごしませんか?

《オーガニックを仙台で楽しもう~
オーガニックを味わい、感じ、未来を変えよう~》

内容:
*映画「 ザ・トゥルーコスト~ファストファッション真の代償」上映
予告編はこちら↓
https://vimeo.com/141232707
*オーガニックなお弁当販売(先着40名様)
*オーガニック検査員 作吉むつ美氏 講演
*生産者との交流ブース
*生産者のトークセッション etc…

日時:11/11(土)10:30~16:00(開場10:00~再入場可能)
会場:仙台市市民活動サポートセンター B1 市民活動シアター
入場料:1000円

問い合わせ先:
公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク内
オーガニックウィーク実行委員会事務局
〒981-0933 仙台市青葉区柏木1-2-45 フォレスト仙台5階
Tel:022-276-5118 Fax:022-219-5713
Mail: organicweeksendai(アット)gmail.com

11月
12
さんフェア宮城2017~高校生が育てた有機栽培米が販売されます~
11月 12 @ 10:00 AM – 2:00 PM

環境保全米ネットワークの会員が「さんフェア」で有機栽培米を販売します。

「さんフェア」は、産業教育や専門教育学科を持つ高校が集まり日頃の学習成果を発表する場です。農業、工業、商業、水産、家庭、看護、福祉、特別支援といったそれぞれの専門分野で学ぶ高校生が意見発表、展示、販売を行います。

「宮城県登米総合産業高等学校」は、全国的にも数少ない有機JAS認定を取得している高校です。農場実習の一環で有機栽培米の生産活動を行っています。
高校生が心をこめて育てた新米の有機栽培米を購入することができます。
是非手に取ってご覧ください。